2006年12月31日

最後までしまらない

入社6年目にして、初めて年越しを自宅で迎えております。

なんつうかあれやね、リハーサルの合間に見るK−1とか紅白とかは楽しそうやけど、いざ普通に見られる、となると、微塵も興味わかないね。

昨日は、わざわざ父親の単身赴任先の香川のマンションの鍵借りて、連れと一緒に忘年会してきました。
ええ、野郎二人で(涙で前が見えない)。

チーズを7種ほどに、ドライいちじく、ミックスナッツ、その他渇きモノもろもろに天津甘栗、白ワインと、何種かの酒を買い込んで。

まあ、メインだった白ワインのあまりの甘さと、飯の中途半端さのおかげで、酒もつまみも盛大に残しまくったわけですが。

結局2時過ぎに就寝、昼前に起きて、うどん屋一軒だけ寄って、偶然香川の知り合いに呼び出されたので、そのまま遊んで夕方帰宅。

ちなみに、2006年最後の食事は、カレーでした。
サイドメニューとして刺身盛り付き。
もう、何て言っていいのかわかんない。


ああ、適当に書いてたら日付が変わりそうだし。
そんな感じで、今年一年も何の成長も盛り上がりもないままに終わろうとしてます。今年も一年お世話になりました。おそらく来年もこんな感じです。
変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いします。


年賀状は、いただいた分くらいは一月中に返せる、といいなあ。
posted by 田嶋屋 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 長文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。