2008年08月13日

昨日-今日


20:00仕事終了

20:30帰宅、食事、着替え

21:00出発

23:00徳島到着、するも阿波踊りの余波で通行止め多数。迂回迂回を重ねてなんとか適当な駐車場に駐車。

23:30手持ちの地図で駐車場の場所が見つからず、約30分かけて会場に到着(実際5分くらいしかかからない位置だった)。

つうわけで今回の目的はこれ

目的はもちろん、5月の岡山以来のRHYMESTER。
開始は21時ですが、地元9組とサイプレス上野とロベルト吉野の10組の後なので、読みとしては、登場時間は25時頃。何かの間違いでも24時より前になることはないはずなので、この時間到着でも全然問題ないわけです。

んで、実際入場してみると、何組目だかわからないものの地元グループのライブ中。ステージ前もまだ密集度はそこまで高くない。どうやら無事間に合ったようです。

とりあえず、ドリンクチケットを水と交換して、ステージ前3列目へ。
ステージに集中しながら、徐々にテンションを上げていく。
人の流れに身を任せつつ、気がつけば2列目をキープ。
会場は、普段クラブだそうなので、ステージは低く、仕切りもないのでステージに直接手が届く位置。

んで結局。
RHYMESTERの登場は3:30
セットリストは、ライブに熱中しすぎたのと行き帰りのライブDVDの影響もあって例によってさっぱり覚えてませんが。
久しぶりの四国、更に久しぶりの徳島ってのもあって、新旧取り混ぜて非情に濃いステージでした。

でも、ブラザーズ、もうフルではやんねえのかなあ、3人バージョンじゃなくても、もう一度フルで聞きたいんだけどなあ。


気持ち悪いファンっぽいことを言わせてもらうと、1月のマボロシ@広島のライブで、Dさんに『(客は)広島からだけじゃないよ』ってのをアピールしたからか、5月の岡山のときも含めて、DさんのMCにはその辺の配慮が見えてすげえうれしかった(今回は宇多さんが徳島を連呼したのに対して、『四国』、とか、『阿波、讃岐、伊予、土佐』なんて呼びかけが多かったりして)。

うん、我ながらきもいね。

あと、ステージ近かったからDさんとハイタッチ+握手、宇多さんの頭を(安産祈願で)触って、ステージ終了後、片付けてステージを降りるJINさんを呼び止めて握手してもらったりとか。

うん、我ながら実にきもいね。


まあ、なんにせよ、今までにない近さと、RHYMESTER登場までのタメが長かったこともあって、岡山の時以上に、非常に熱くて濃い50分のステージでした。この感動が文章で伝わらないのは、俺の文章力がないからじゃないよ、参加してない人間に分け与えるのがもったいないからだよ。わざとだよ。



んで、ステージ終了後、会場を出たのが4:30。
今度は迷わず駐車場へ向かい、一路帰宅(阿波踊り真っ只中でホテルは一つも空いてなかった)。
ええと、言い忘れたけど、前日の起床時間は6時でした。

つうわけで、途中のコンビニで朝食とって仮眠、と思ったものの、朝飯食ったら、あれ?俺このまま帰れるんじゃね?とか錯覚が起きてそのまま高速へ。
→速攻力尽きて最初のPAで1時間半仮眠、なんてことをしながら8時過ぎに帰宅。

いや、でも、強行軍で行った甲斐はありました。サイプレス上野とロベルト吉野のステージも楽しかったし、地元組もヒューマンビートボックスあり、リコーダーを使ったライブあり、すげえ盛り上がったライブも見られたし、愛媛以外はこんなに熱いんだなあ、と。
いや、愛媛も俺が知らないだけかもしれませんが。
今回四国4県中愛媛からだけ参加はなかったぽいし。


うん、ホント楽しかった、行ってよかった。
片っ端から声かけたけど誰も一緒に行ってくれなかったけど、一人でも行ってホントによかった。


ええと、次のステージまでには誰か一緒に行ってくれる相手が見つかるといいなあ。
posted by 田嶋屋 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 長文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。